薬局 漢方のあんどう|岐阜県各務原市|漢方薬専門店|総合健康アドバイザー|漢方薬|

qrcode.png
http://www.kanpou-ando.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

薬局 漢方のあんどう
〒509-0135
岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-143-3
TEL.058-370-5431
FAX.058-370-5431
----------------------------------
漢方専門 総合健康アドバイザー
048835
 
 
薬局 漢方のあんどうからのお知らせ
 
【つつじ】No.80を追加しました。
2014-06-26
 
12月の漢方講座はお休みです
2013-11-21
 
  年末は、あわただしいのでお休みとさせていただきます。
 
 来年1月は8日(水曜日)に10時より行います。
 タイトルは「インフルエンザと風邪の対処法2」です。
 
更新しました。
2013-07-02
 
「つつじ」最新号を更新しました
2012-12-08
すこやか新聞「つつじ」の最新号を、更新しました。
いちどご覧ください。
尚、バックナンバーは随時、更新していきます。
 
年末年始お休みのお知らせ
2012-12-07
年末の営業は30日までとさせていただきます。
年始は5日より営業させていただきます。
 
漢方雑学講座を公開しました。
2012-11-13
 
ぼやき通信【インフルエンザについて】
2012-11-13
 早いもので、またカゼ(風邪)やインフルエンザの季節がやって来ました。この季節になると、
「インフルエンザワクチンを打ちましょう!と主治医やマスコミが盛んに言い立て
ます。しかし、本当にワクチンは効くのでしょうか? また、「ワクチンを打っておけば、
かかっても軽くすむから」とよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
 
 オヤジが調べたかぎりでは、「インフルエンザワクチンは効かない!。効かないどころか、副作用も
しっかりあるので打つ必要はない!と思います。オヤジが小学生の頃は、この季節になると体育館で一
列に並び、腕をまくり上げてインフルエンザワクチンを回し打ちされたものです。その頃、インフルエン
ザの社会的な流行は、小中学生での集団感染を防げば阻止できると根拠のない考えに基づき、1995年
までの30年間せっせとワクチンを打ってきました。しかし、いくらワクチンを打っても流行するときはす
る、結局そんことは世界広しといえども。日本しかやっていないことだと他の先進国からパカにされて、
やっと義務から任意にかわりました。しかし、その開どれだけの方が副作用で亡<なったことか、また後
遺症で苦しむ方を作ってきたことか。この30年の間に、製薬会社、官僚、御用学者の癒着ができあがり、
起死回生のため新たな「インフルエンザワクチンを打ちましょう」キャンペーンがじわじわと幅を利かせ
てきたわけです。では、なぜインフルエンザワクチンが効かないのか・・・
 
≪効かない理由その1:インフルエンザウイルスは変わり身(変異)が早すぎる!≫
 インフルエンザウィルスは、他のウィルスとちがっでその変わり身の早さは、常人(常ウィルス)ではあ
りません。極端な場合、一人の人に感染して体内で増殖してくしゃみやせきで、体外に出るときには変わ
っているほど。ワクチンは半年前に、来期はどんな型が流行するのかを予測して作るため、ドンピシャの
ものを作るのには、3億円のジャンボ宝くじを当てるよりも難しいのです。

≪効かない理由その2:インフルエンザワクチンでは弱い免疫力しかつかない!≫
 インフルエンザワクチンはウイルスのごく一部分(イカの足の部分みたいなもの)に対してのみ、有効
なものしか作れないので、効果は非常に弱く、もって3ヶ月から半年
 
≪効かない理由その3:ワクチンによって出来た抗体は、血液の中だけにしかない!≫
ワクチンによってできる抗体(ウイルスを撃退するミサイル)は、抗体にもいろいろあって、血液の中
だけにしかできません。インフルエンザウイルスは鼻や気管支の粘膜に侵入してくるので、そこには抗
体はないのです。

 では、どうすればいいの?と思いますよね。漢方薬を上手に使って安静にしていれば、4~5日でちゃ
んと治ります。インフルエンザ脳症も、ウイルスが直接脳に入るわけではなく、解熱剤の副作用が原因だ
とはっきりしてきましたから、安易に使わなければ大丈夫。
さて。みなさんはそれでもこの冬インフルエンザワクチンを打ちますか?
迷われたらご相談くださいね。 
             ・    ・
『インフルエンザワクチンは打たないで!』毋里啓子著  双葉社出版を参考にしました。
 
 
『漢方雑学講座』のご案内
2012-11-10
 さて、かねてより当店のお客様や、市主催の成人講座(漢方おもしろ雑学講座)を受講
された方を対象に行ってきました『漢方流健康のつどい』をこの秋からリニューアルして、
『漢方雑学講座』として再スタートさせることにいたしました。
 今までは年に2回ほど不定期に行ってきましたが、市の成人講座に参加できない小さな
お子さんのいるお母さん方から、同伴して参加できる講座を開いてほしいとの要望が最近
多くなってきました。そこで、どなたでも気軽にご参加できるよう、会場を鵜沼福祉セン
タブの和室(大広間)とし、毎月継続して決まった日(毎月第2水曜日)にすることにい
たしました。ご都合の良い時にご参加していただければ幸いです。
 今まで以上に、『食』や『病気』、『養生法』など健康に関わるさまざまなことを、漢方(東
洋医学)の考え方に基づいて、みなさんと共にたのしく学んでいく講座になればと。
 
【日 時】毎月第二水曜日  10時~11時30分
    但し、12月と8月はお休み
 
【場 所】鵜沼福祉センター 2階の休養室(和室)鵜沼羽場町1-217
  ★旧国道21号沿い 鵜沼市民サービスセンター西側 鵜沼中学校入口
 
【内 容】季節ごとの養生法や、病気、現代医学の長所と短所、食、放射能、心など。
 
【参加費】1回の参加費として500円。
     (全額、愛知ボランティアセンターへ寄付致します) 
        
【その他】会場は和室なので、小さなお子様連れの方も大歓迎です。
 
 
ホームページを開設いたしました。
2012-08-03
このたび、薬局 漢方のあんどうのホームページを開設いたしました。
みなさまのお役に立てるよう、タイムリーな情報発信を心がけてまいりますので、今後とも≪薬局 漢方のあんどう≫のホームページをどうぞよろしくお願いいたします。
<<薬局 漢方のあんどう>> 〒509-0135 岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-143-3 TEL:058-370-5431 FAX:058-370-5431